chigusa【詩的】

薔薇の散策③

 

まだまだ続くバラの花と言葉のお披露目会

 

 

あまりに素敵な詩なので、全部をお届けしたいのですが、

写真がないので、本文だけはこちらでご確認ください。

みんなの青空文庫です。

 

ちょっと朗読みたいなのもしてみたい気持ちになってきています。

以前ラジオ出演が終わってから、stand.fmの方で少しやってたのですが。

 

おすすめを広めたい一心です。

これも推し活のひとつでしょうか(笑)

 

 

 

大手拓次『薔薇の散策』より

 

 

22

朝な朝な ふしぎなねむりをつくる わすられた耳朶色(みみたぶいろ)のばらのはな。

 

 

 

 

 

 

24

ゆたゆたに にほひをたたへ 青春を羽ばたく 風のうへのばらのはな。

 

 

 

 

 

 

28

悔恨の虹におびえて ゆふべの星をのがれようとする 時をわすれた 内気な 内気なばらのはな。

 

 

 

 

あんまりたくさんを一気に載せてしまうと

情報量オーバーしてしまうので、

ゆっくりじっくり味わっていただきたく小出しです。

 

それではまた次回。^^

 

chigusa

 

 

コメントは受け付けていません。

特集