最近読んでいる本のこと

 

夏前から読書にハマっておりまして、いろいろと考えることが増えました。

ここ数ヶ月で読んでいたのは、
①『シュルレアリスムと抒情による蜂起』(アニー・ル・ブラン)
②『人新世の「資本論」』(斎藤幸平)
③『ビジネスの未来』(山口周)
④『なぜ、脱成長なのか』(ヨルゴス・カリス他)
⑤『デジタル・ミニマリスト』(カル・ニューポート)

読み中なのは、
⑥『換気口』(アニー・ル・ブラン)
⑦『神曲 地獄編』(ダンテ)

などです。

 

思考スタートは①『シュルレアリスムと抒情による蜂起』からでした。

【個人的キーワード】
「感性の不服従」
「現在は全世界が自発的隷属状態の中にある」
「この世界から距離を取ること」(ちょっとでいいとのこと)
「個人的奪還(再開)」
「特異性」

引用して解説したいのはやまやまですが、
なかなかに長くなりそうなのでその辺を省き。

 

アニー・ル・ブラン氏は言い方はあれですが、シュルレアリスムの生き残りと言いますか、
実際にアンドレ・ブルトン(シュルレアリスム宣言の人)と最後まで一緒に活動をしていた方です。

彼女がブルトン没後50周年の2016年に来日して講演したときの記録が①です。

そこで彼女は現在の世界のあり方への嘆き、
原子力の問題や大災害等に言及し、
また「自発的隷属の享受」に警鐘を鳴らしていました。
「自発的隷属」というのはフェイスブックを例に挙げてましたが、他のSNSなどもそうなんだろうな。(自覚あり)

そういうものに「否(non)」と言うこと。
ポエジーによって「個人的奪還」を果たすこと。(ポエジー!)

 

あとがき(後跋)で松本完治氏がまとめてくれておりました。

「アニー・ル・ブランの言うように、シュルレアリスムはそもそも芸術運動などではなかったし、理不尽なこの世界に対する「個人的奪還」に賭けた狂おしい試みであったことを鑑みれば、私たち一人ひとりが、裸の人間として、心を開放する可能性を引き出すイマジネーションや情熱に賭けること、そしてそれを阻害するものへの感性的不服従を貫いて、自らの特異性(singularite)への道を歩み出すことこそが肝要なのだと。」(P.225)

つまりはタイトルに戻りますね、「抒情による蜂起」。

 

わたしは正直ブルトンは好きでも嫌いでもないのですが(笑うところ)、
シュルレアリスム宣言以降、イマジネーションを刺激してくるものは好きだったので、
この没後50周年の記念イベントに参加できなくて残念でした。
こんなイベントをしていたことすら知りませんでした。

なので、こうして記録として残してもらえたのはとてもありがたく、
生きた現在のシュルレアリスムの言葉をアニー・ル・ブランさんからいただけた気がして、それがまた現在の社会を考えるきっかけにもなり、とても良かったです。

そして①にもよく引用されていた⑥『換気口』を読み始めました。
こちらは本当に小難しくて、まだ読破できてないんですが。笑
詩的な表現のところはとても心地よくて気に入っております。

 

 

続いて②『人新世の「資本論」』。

これは①でアニー氏が少し述べていた、ゴミ問題と環境破壊などが資本主義の蛮行ということに引っかかり、それを掘り下げたくて見つけました。

資本主義という搾取によって地球の気候問題がもう相当危険なところまで来ている。それをひとつひとつ検証しながら教えてくれる本です。
納得することが多くて、マイナスな方向で溜め息をつかざるを得ない。

 

【個人的キーワード】
「気候正義」
「グローバルサウス」
「経済のスケールダウンとスローダウン」
「量(成長)から質(発展)への転換」
「現在のような消費主義とは手を切って(略)同時に、自己抑制していく」
「ブエン・ビビール(buen vivir)」=良く生きる(エクアドルの先住民の言葉をスペイン語に訳したもの)

著者はここから「脱成長コミュニズム」という新しい社会を提案していました。
なるほど。
これが地球規模で実現すればまだ人類が生きていける可能性はある。

しかし、この資本主義経済にどっぷり浸かりすぎている現在の日本で、新たな社会の在り方への急な舵取りはなかなか難しいぞと思いました。
実際にバルセロナの一部ではそういうシステムで動いているらしいので、そこはやっぱりヨーロッパはすごいなと。

そして脱成長について深めるために④を読んでみたり。

 

それから③『ビジネスの未来』。
こちらは②よりも優しい世界でした。笑

②が急進派としたら、③は穏健派というか。
この資本主義社会が行き詰まっているのは同じなのですが、
③はそこから少しずつどう舵を切っていくかが述べられている。
「少しずつ」というのがちょっと頼りない感じもありつつ。
でも急激にはむずかしいもんね、という。

本当ならガツンとバルセロナみたいに舵取りしなきゃいけないんだろうけど、
この日本はまだまだ昭和を引きずっていて、先進国とは言えない言動ばかりで。
上の頭の固そうな人たちを見てるとそれはなかなかハードだなと。。
もっと脳内アップデートが必要。(自分も含めて)

 

 

⑤『デジタル・ミニマリスト』は、
アニールさんの「個人的奪還(再開)」や「自発的隷属」を踏まえて、
自分はどうやってSNSをよい距離感でできるかというのを考えてみたくて読み始めました。

というのも、最近本っ当に集中力がなくて、
気が散りがちな自分を目の当たりにしていたので、
なんとかしないととは思っていました。

まぁ正直、以前『スマホ脳』を読んだときから依存やばいなと思ってたんですが。笑

いよいよ着手しようと思って、
それで最近はちょっと発信を控えておりました。

でも⑤ではすべてやめろと言っているわけではなく、
SNS(アプリ製作会社?)の良いカモにはなるなということです。
なのでSNSを最低限だけでうまく使いこなして、
デジタルなミニマリストになってこうよっていう。

最近本当に有機的な生活に憧れている身としては納得感が大きかったですね。

もちろん仕事で必要だったりもしますし、
ネットで短くつながることの楽しさも知っているし。
個人的には発信の場としても使っているので、
そういうのもまるっと考えに入れつつ、
今後の付き合い方を考えていきたいと思います。

 

 

⑦ダンテの『神曲』はなんとなくこの半年間ずっと気になっていたので、
衝動的にスタートしてみました!
河出文庫の平川氏訳バージョンです。
一応買う前にどんな訳の版が出ているのかチェックしてから買いました。

『神曲』で長年イメージしていた難さより、思っていたより全然読みやすいじゃないですか!
毎歌ごとにある訳者解説も興味深くて勉強になります。

三部作だから最後まで読み終えるのはいつになることか。笑
他の本とも並行しつつ、のんびりと進めていく予定。

 

しかしKindleのおかげで、読む本に広がりが出たな~と。
Kindle無料期間に、『ミステリと言う勿れ』と『ハイキュー‼』も途中まで読ませていただき、感謝。
続きもそのうち読んでみたいと思える漫画でした!

 

最近の読書はこんな感じです。
とても充実している。(^_^)v

 

Lous and The Yakuzaとバベル

 

先日、ひょんなことからLous and The Yakuzaというアーティストを知りました。
Yakuzaってなんでと苦笑しながら、PVをクリックしたらめちゃくちゃかっこよかった…。

 

 

わたしなんぞ、生まれも育ちもジャパニーズシティポップ。
ここ数年はやみくもにジャズ、時々クラシック。
落ち着くのです。

 

最近一番の洋楽体験としては、
『ダンケルク』という映画が気に入って、
この顔見たことあると思った俳優としてハリースタイルズ氏を認識したことくらいかな。
この年齢になってワンダイレクションを聴いてみるなどした。笑

あとはイギリス滞在中に見聞きした音楽をチェックしてみたりして。
一応気にしてはいるんですけれど、どうもハマるってほどではなく。

 

そう、そして、
このたびLous and The Yakuza!
こんな世界の最先端をいっているような音楽に興味を抱く日が来るなんて。

彼女はコンゴ生まれのベルギーのアーティストで、音楽で使う言語はフランス語。
わたしが惹かれたのはフランス語のラップボイス&メロディでした。

 

低めのボイス&テンションで紡いでいくフランス語の波。
明るいか暗いかといったら暗いのだけど、なんだか惹かれる暗さ。
明け方もしくは夕方くらいの。(イメージ)
深く低くたゆたうような。

いままで感じたことのない感覚が呼び覚まされる。

 

 

英訳や和訳を読むとかなり硬派で、
出自や環境のバックボーンから生まれている歌詞だとわかる。

 

…あぁ原語で彼女の言葉を受け止めてみたい!
と突然、人生何度目かのフランス語熱発動。

 

しかし
最近ハングル文字を書くのが楽しくてアプリで遊んでいる韓国語。

そして
先日、噂のタイドラマを見ていたら、タイ語も発音&書いてみたい…!!ってなっているところで。

現在
韓国語とタイ語に、両のつま先の先端だけつけている状態。(多言語好き極まれり)

ここにフランス語の入る隙がいまのところないんですよね…。

 

でもLous and The Yakuzaさん(さん?)の言葉を原語で読み取ってみたい欲はあり。

フランス語は学生時代に少しやりましたが、まったく身についていない残念な言語。
いつかまた戻ってきたいな。

 

世界はあまりにも広く、言語の壁は幾重にも立ちはだかる。

 

翻訳こんにゃくがほしいよどらえもーん。

 

ところでLous and The Yakuzaさん(さん?)は日本文化(アニメ)が大好きらしいのですが、
その中にどうやらサムライチャンプルーが入っているらしい。

エンディング曲を流してニコニコしてる動画があり、
あぁその曲ほんといいよね、わかるよ…と思ってしまった。
推せる理由がまたひとつ。

 

洋楽よくわからないながらも、格好良いもんは良いと思ったのでありました。

 

世界はあまりにも広く、言語の壁は幾重にも立ちはだかるけれど、
わたしたちはいつでも世界と繋がることができる。

 

 

ラジオのこと

こんにちは。
ごぶさたになってしまいましたがchigusaです。
変わらず元気です。

突然ですが、今年の春から先月まで続いて出演させていただいていた香水里雨さんのラジオ番組が終了になりました。
残念ですが、MCの香水さんご自身の決断ですし、もちろんこの先の未来を見てのことと思います。

3月にご挨拶、そして4月からのレギュラーで計9回お世話になりました。

香水さんに声をかけていただいて始まったラジオ出演ですが、いつの間にか9か月も経っていたんですねぇ。

季節のお話とchigusa創作のおはなしを毎回させていただいてました。
聴いてくださった方からの反応が毎回とても嬉しかったです。

MCの香水さん、ラジオでご一緒させていただいた多才な方々、そしてリスナーの皆さん、本当にありがとうございました!
貴重な体験をさせてもらって楽しかったです!

せっかくですので、そのおはなしをまとめたミニブックもそのうち創りたいと思っています。

 

最近は前より撮影に行けてないのですが、
写真量を増やそうと思っているので、またちびちびと出かけていけたらいいな。

ブログについて

 

ここは本当にごぶさたになってしまいました。

でも最後の記事からギリギリ1年経たってなかった(笑)

最近はnoteも初めて、さらに遠ざかってしまってたのですが、
やっぱりせっかくここにブログがあるので、
noteでは書けないような徒然はこちらで、と。

 

noteでは主にちいさなおはなし、散文詩、詩のようなものを載せております。
https://note.com/chigusaminato

よかったらフォローしてください。ふふふ。

 

いつも思うこととしては、
わたしは言葉や文章に対して思い入れが強すぎて、
アウトプットすることへの精神的抵抗が強いのですよね。

そして伝えるものを書くにはちゃんと書かねばー!という変に完璧主義なところから、
文章がめちゃくちゃ長くなる傾向が。

 

ここのブログはひっそりと、思うままに書けたらいいなぁ。
noteとは違った使い方をしていきたいと思います。

 

 

chigusaの日々の徒然。

 

最近は写真を勉強していて、今日の記事に載せたのは最新の写真です。

いままで独学とカメラのオート機能を頼りに写真を撮ってきたのですが、
もっと自分の撮りたいように撮りたいと思って学び始めました。

 

露出とかシャッタースピードとか、そういう数字がまっったく得意でなくて避けまくってたんですけど(笑)
同世代の先生にきちんとわかりやすい説明を受けて、初歩的な質問にも答えていただけて、
最近ようやくカメラの入口に立てている気がします。

 

いままでよくこれで写真撮ってきたなぁと思いますが、
近頃のカメラさんは優秀ですからね!

その有能さにめちゃくちゃあやかってきたんだなーと実感しつつ、
今後も勉強しながら、
自分が撮りたいものを撮りたいように撮れるよう、進んでいきたいと思ってます。

 

写真関係は主にInstagramで載せてることが多いかな。
https://www.instagram.com/minatochigusa/

言葉や詩が好きなので、写真と一緒に。

 

 

言葉と写真の関係性はもうちょっと突き詰めていきたい。

 

写真だけでは伝わらない何か、
写真に言葉をプラスすることで、
相乗効果で伝わる何か。

 

またワークショップみたいなのもやってみたいな、と。

 

 

久々の徒然。
また書きに来ます。(*^^*)

 

本日の写真:多摩川でした。

 

 

セーヌ川の空

 

空を見て。
秋になってきたなぁと思って。

 

過去の写真を漁っていたらセーヌ川で見た空(というか雲)に圧倒されたことを思い出した。

 

 

 

 

 

君がいる空に
僕の心を放り投げる
落ちる前に包まれて
たゆたう異国の空に棲む

 

 

パリの日常

たくさんの写真を見ながらの過去日記雑記みたいなものを。

 

パリっ子みんなこれ乗ってる。電動だと思う。

(↑おおげさだけど、ほんとみんな乗ってるっていうイメージだった。)

 

まぁそして乗り捨てられますよね…(笑)

これらを回収して元に戻していくトラックも見かけました。

 

 

わたしが行ったときにちょうど始まったアベンジャーズ・エンドゲームのアイアンマンおじさんと広場のメリーゴーランド。

ミックスな感じがいとおし。

 

そしてそのエンドゲームをフランス語字幕で観るという体験をしまして。

世界に先駆けての上映開始直後にもかかわらず空席があったのにも驚き。

普段日本で字幕ばかり見ているので、つい目線が画面下に行ってしまうのだけど、耳からは英語、目からはフランス語が入ってきて若干のパニックに陥る(笑)

字幕を意識して見ないようにするのがこんなにも大変なことなのかと!

普段いかに字幕(日本語)を頼っているのかがよくわかりましたね…。

日本語字幕で再チャレンジが必要だなと思いましたはい。(海外映画を現地で観るとだいたいそうなる。)

 

 

開催時、日本で行けなかったハンマースホイの展示がデパートでやってた。けど、ここでも日程が合わず行けなかったなぁ。;;

 

Infiorata

2013年、シチリアでのインフィオラータの制作過程の一場面。

生の花びらでデザイン画を埋めていくのです。

わたしもちょっとお手伝いさせてもらったりして。

もう6年も前のことなんだなぁとしみじみ。

 

photo:2013/5/18 in Sicily

海を見に行く

たまに海を見に行きたくなります。のでこの前ちょっと行って来ました。

砂浜と海が見たくなったら、もう少し遠出します。

波打ち際ってずっと見ていても飽きないですよね。不思議。