窓と世界

 

カーテンを開ける
外は曇り空
ゆるい日ざしが部屋のすみまで満たす
窓を開ける
外気の冷たさがひたりと入ってくる
光と絡むと
ほのかに匂い立つ
わたしは新しい空気を肺にとりこむ
息をする不思議と向き合って
かかとを上げる
うでを伸ばす
世界をめいっぱい
ちいさな身体で受けとめる
見えている世界
見えていない世界
つづいていくわたしの身体
息をするわたしの身体
外気に触れる
きみたちのいる外気を
うちに取り込む
窓がつなぐ
世界